<<ヤマダ流 海外遠征バイクパッキング>>

ヤマダ流海外遠征バイクパッキングを伝授します!

まずは自転車清掃。 
ボクはオイルフィルタークリーナーでザッと洗浄、乾かした後、各フリクション部に水置換性オイルを塗布。
f0365484_15025676.jpg
15年もののサドルが枯れ枯れだったのでハンドクリームで優しく養生。
f0365484_14565332.jpg
乾いたらどんどんバラします。 ボクはクランク、Rメカ、サドルは外します。クランクを外すと非常にコンパクトになります。
f0365484_14575792.jpg

ハンドル周りは緩めるだけでバラさず。
f0365484_14593727.jpg
シートピラー固定ネジはヤラれ易いので清掃・グリス塗布は必須。
f0365484_14583476.jpg

ペダルネジ部、Rメカネジ部にも清掃・グリスは必須です。
f0365484_14571846.jpg
あらかたバラしたらお近くの自転車屋さんから調達した自転車空き箱を入れて具合を見ます。
f0365484_15021678.jpg

今回はマレーシア航空なので203cmで勝負に出ます。 縦横高さをチェックし、今回は横の部分だけを調整する事に。
f0365484_15011002.jpg

縦横高さの総計203cmになる様に横幅を合わせ何も考えずカット。
f0365484_15001279.jpg

それを本体箱部に合わせ、合わせ面に糊をつけガムテープで固定。
ガムテープは布テープで。 調達が遅れて今回は紙テープで処理。後で布テープで補強します。
底面は引きずる事を見越して紙テープで補強。補強と滑りをよくします。
手を掛ける部分は破損し易いのでここも補強。
f0365484_14590331.jpg
一旦バイクを入れて様子を見ます。 良さげ。
f0365484_14554762.jpg
バイクシューズは重いので使う工具をコンビニ袋に詰めてシューズの中に入れて箱の底部分へ。
とにかく重い部品・物(補給食など)は底部分に敷きます。
f0365484_15014269.jpg
タイラップはゼッケンプレート固定など何かと役にたちますので100均ニッパーと共に持参おすすめします。
f0365484_15003491.jpg
で、ヤマダ流真骨頂。緩衝材はコンビニ袋に入れた衣類を使います。
f0365484_14563289.jpg

普段用・練習用・本番用、勝負下着など各用途毎に分けてコンビニ袋に入れて空いたスペースに詰めて緩衝材にします。
完全にカバーするならフレームを衣服が入った袋でカバー、固定するのも良いでしょう。
上部にはヘルメット、ランシューズなどかさばるけど軽い物を載せます。
f0365484_15082678.jpg
リヤホイールは機内持ち込みの予定で箱には前輪だけ。
これで現時点で15kg。 23kgまでまだまだ載せれます。

あと、マレーシアに行かれる方に大事な連絡!
マレーの虎隊は必ず!!アワードパーティーには浴衣を持参ください!
f0365484_15034539.jpg

日本人の祭りへの心意気、見せつけましょう!











For your Road Bike Rental in Awaji Island, pls contact with following our web.     
(淡路島のレンタル ロードバイク、レンタサイクルはコチラから!)⬇️
               http://circolo-awaji.com/rentalbike_e.html


[PR]
by circolo-awaji | 2018-11-08 15:09 | Ironman Malaysia | Comments(0)


平蔵店長の営業日報


by やまだへいぞう

プロフィールを見る
画像一覧