<<’17 IRONMAN Hawaii 聖地巡礼・ラン編、その弐ワタシのエイド対策 >>

パラニの急坂を登り切ると一路、Natural Energy Laboを目指しQueen Kハイウエイをひたすら北上。
すれ違う強豪アスリートたちも苦しそうな足取りだがその笑顔が、ココロからこの瞬間を楽しんでいるのがわかる。
この地でこの瞬間を、この気持ちを、彼らと共有できる事のなんと幸福な事なコトか!!!!
  

多少の足の痙攣の兆候は見られるもののその度に練り梅をムリヤリ流し込み抑え込む。 
追い込んだ走りをすればまた別ではあるがボクの体質とC3PO走り(10月29日の山田まさしFB動画参照)レベルの完走目的だと攣り対策は練り梅で十分。

ランのコースでは(感覚的に)ほぼ1〜2キロちょっとでエイドがあり、内容もカットバナナ・ゲータレード・プリッツ(塩分)・レッドブル・クリフバー・クリフブロック、水、スポンジと充実した内容。30キロ地点から暖かいチキンスープも出してもらえる。
Queen Kまでの約18キロはエイド毎でカップ一杯の氷をトライスーツの背中と前(つまり股間部分)に入れる。 
鼠蹊部の冷却はもっこりして見た目かっこ悪いが抜群の冷却効果(もしかしたらEDになるかも)。
ゼッケンで膨れた股間部を隠すコトで見た目を対策。

今回のラン・エイドでの注意点として内臓疲労を防ぐため冷たい飲み物の摂取は控え、冷たければ口の中である程度温度をあげて飲み込む様にした。
基本ランは歩かず、エイドで補給をもらいカップを飲み干すまでは歩いた。 
Queen Kを北上、20キロほどすぎると次第に日がかげり、急激に気温が下がっていく。
そうなると股間はある程度冷やし続けたいが腹部を冷やしたくないので空いたカップを腹部に押し込む。
濡れたトライスーツが腹部に密着すると内臓を冷やす恐れがあるので空いたカップで空間を作る。
そして次のエイドに差し掛かると(ボランティアが見ているのを確認し)空いたカップを捨てる。 
そうすると道端に捨てずわざわざエイドまでカップを持って走ってきたと各エイドで褒めてもらえるので一石二鳥!

日が暮れ、街灯の無いQueen Kを走ると急激に温度が下がってくる。
前述の暖かいチキンスープをいただくがちょっと鶏肉の臭いがキツく一杯だけにする。 
ブロイラーなんでそのままスープにせず一旦グリルして脂おとして香りをつけて…と贅沢なコトを考える。 
できたら玉ねぎとコショウも入れてください…。パセリがあればなお最高…

今回のランのエイドではドリンクはスポンサーのレッドブル、食べ物はクリフバーのクリフブロックばかり摂取。
クリフブロックはボンタンアメの食感でノド詰まりもなく美味しい!  
コレはぜひ、お土産に!と最終エイド付近で大量に採ろうと考えるも全て半分に切断されていた…💦

そうこうしているウチにNatural Energy Laboの入り口を左折、ますます灯りがなくなった道を前方ランナーの影を頼りに進む。 

前方に異様に明るいブースが。
これもスポンサーのHUUBが特設エイドを設営、大型ゲート、DJブースや特製大型スポンジを持って励ましてくれる。
顔だけ拭かせてもらい次に進む。
その後500mほど先にはRed Bull大型特設エイドが設置され冷え冷えのレッドブル缶を手渡される。缶を捨てる訳にもいかないので一気に飲み干す。
お腹、大丈夫かなぁ…。

そうしてほどなく、まっ暗なNatural Energy Laboの折り返しに差し掛かり30キロのチェックポイントを通過。
長い長い、夢の様な旅もいよいよ終盤に差し掛かかる。



ラン・逆襲のC3PO 編に続く…
 

 







For your Road Bike Rental in Awaji Island, pls contact with following our web.     
(淡路島のレンタル ロードバイク、レンタサイクルはコチラから!)⬇️
               http://circolo-awaji.com/rentalbike_e.html


by circolo-awaji | 2017-10-31 11:55 | Ironman


平蔵店長の営業日報


by やまだへいぞう

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る