人気ブログランキング |

<<’17 IRONMAN Hawaii 聖地巡礼・スイム編 >>

7時5分、大砲の号砲とアスリート達の雄叫びでスタート。
水温はところどころ低くなる流れがあるもののROKAのスイムスキン(アンダー無し)で全く不安無し。
買ったばかりのROKAのゴグルも密着性高く快適。前後左右に囲まれているとはいうもののバトル感はなく快適

とにかく落ち着いて無理はしない。 心拍は恐らく120ほど。 前日の試泳で波がきつかったのでリバースを懸念し
朝食は全く取らず水分だけですませた。 その代わり前日の夕食は焼き飯の大量摂取。
初日の試泳の時よりはかなり透明度は落ちているもののやはり海底(およそ40mくらいか)は確認できるが海底の風景が変わらない、
つまり進んでいないのも容易に確認できて凹む。 
ガーミン920XTJのトライアスロンモードで計測していたはずが300mほどの所でフツーに時計になっていて焦る。使い慣れないトライアスロンモードの為か…とりあえず通常の外スイムモードで計測を再開。 

目立った流れもなく、あまりキックをしない良さげなおっさんグループの後ろでドラスイム。ちょっと遅くてイラっとしてもここは自重。 
ほどなく1900m中間地点の船を転回、ここらでボクを含む5名ほどのおっさんチームが15分後にスタートした一般女子トップに蹴散らされ、
ヨタヨタ、フラフラと左右に散らばる。 チームおっさんを裏切り、ちょっと女子に付いていこうかと思うもアっちゅう間に置いてけぼり。
すごすごとチームおっさんに戻りコースの端っこを仲良く泳いだ。
もう不安も迷いも消え、チームおっさん同士、肩を叩いて先頭を促したり周りとコミュニケーションする余裕も。

前方にモクアイカウア教会やキングカメハメハホテルが見え、徐々にアイアンマンのステージ、アナウンスと音楽が聞こえ始める。
もう、大丈夫。 最後まで焦らず、落ち着いてスイムアップ。 
ゆっくりシャワーを浴び、口をゆすぎ、バイクパックと共にトランジッションへ。
ゆっくり座り、股間にスレ防止剤を塗り、トライスーツに着替える。 
ゆっくり周りを見渡すとおじさんばかり、和やかな雰囲気。
タイムはわからないがもう、エエやないか。 まだまだ長い旅を楽しもう。
  


バイク編に続く…
 

 







For your Road Bike Rental in Awaji Island, pls contact with following our web.     
(淡路島のレンタル ロードバイク、レンタサイクルはコチラから!)⬇️
               http://circolo-awaji.com/rentalbike_e.html


by circolo-awaji | 2017-10-23 12:30 | Ironman


平蔵店長の営業日報


by やまだへいぞう

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る