人気ブログランキング |

<<白戸太郎氏の政界進出と日本トライアスロンの明日>>

今朝もボロ雑巾の様な五十のカラダとココロを引きずり朝練へ。 疲労困憊だがホメオパシーから抜け出るには一定以上のストレスが必要でそろそろホルモンバランスが再構築され”壁を抜ける”頃かとヨチヨチとペダルを踏む。

今月号のバイシクルクラブの表紙は東京都都議会議員白戸太郎氏。元プロトライアスリートでありIronman Hawaii常連である白戸氏がトライアスロンジャパンの表紙になったコトは記憶しているが、一般自転車雑誌の表紙を飾るにはちょっと異例なコト。   
f0365484_12043602.jpg
この雑誌の販売が20日なので表紙撮影・販売は都議会選挙前。 
であるなら一般自転車雑誌が彼を取り上げ、一種選挙応援の様な展開に舵をとったコトと都議会議員に当選した同氏への今後の活動について(極めて希望的観測で)考察してみたい。  

現時点では彼のHPでの指針は東京オリンピックを軸にした費用の明確化、レガシー活用など、LGBTへの公的支援であるが個人的にはそれら活動は白戸氏でなくても”誰か”がやってくれる、彼ならではの活動、すなわち現役競技者(トライアスリート)としての活動を期待している。 
具体的には、やはりレース、自転車イベントの開催、それによる経済・社会の活性化である。 
しばらくは新人議員であり、都議会・オリンピック関連・地元に集中せざるを得ないが長期的にはアイアンマンの日本開催を視野に入れていると考えたい。
その為には都議会はステップでありいずれは国政にも進出するであろう、と。

自転車業界も、なればこそ(谷垣元幹事長が不在の今…)、彼をプッシュしなければならない。
今回の表紙はその決意の現れではないか。トライアスロンのみならずロードレース、特に公道を使うレースを開催する場合は政治的な力が絶対的に必要なのはボク個人の活動で痛感している。 
同い年、同じ地方の出身、同じフィールドで戦った者として白戸氏の今後の活動に注目、陰ながら応援したい。
そして我々トライアスリートの希望を彼に託し、応援し、寄り添って行くべきではないだろうか。

なぁに、トライアスロン界屈指のヤリ手の彼である、あっと言う間に国政スロットを獲得するであろう。 




For your Road Bike Rental in Awaji Island, pls contact with following our web.       
(淡路島のレンタル ロードバイク、レンタサイクルはコチラから!)⬇️                       
         http://circolo-awaji.com/rentalbike_e.html



by circolo-awaji | 2017-07-11 12:08 | Ironman


平蔵店長の営業日報


by やまだへいぞう

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る