チルコロ補佐・今期の反省と来期の目標

《’16年練習、レース総括》
11月13日のアイアンマンマレーシアをピークとした今年の練習内容と結果を振り返ってみる。
1月から8月末の足底筋を原因とする故障が発生する迄、LSDはほぼ行わず、5〜10キロのランをベースとしたタバタ式トレーニングを週末を除いてほぼ毎日続けていた。 8月までラン練習のみに集中し、キロ4分30秒を安定して走れる様になるも右踵上部の強烈な痛みによりランの練習を断念。
原因は強固なへん平足といい加減なシューレースの管理を起因とする着地時のシューズ内の前後の遊びが原因と考えられる。
屈曲性に掛ける母子球の動きをフォローするアキレス腱が過緊張を起こし、ヒラメ筋に激痛を引き起こしたものと考える。 
タバタ式で追い込む事だけに注意が偏りフォームや道具への注意不足が大きな原因かな、と。
対策として現時点もキック時の親指への意識、膝の方向など来期も試行錯誤継続予定。
対処療法としては毎日のローラーマッサージャーによる足底筋マッサージがかなり効いている様。

この故障をきっかけとして9月からバイク中心の練習に切り替え、平日を中心にホームコースである花桟敷周回コース(1周18km/標高220m)をベースとした練習に集中。 結果として上述の故障からの回復、週に一度はタイムトライアル形式で心肺負荷を掛ける事でそれなりに短時間でバイクベースの底上げが出来たのでは、と考察される。 

スイムも9月から慌てて開始するも時間的に技術向上には無理があるのでスイムグラブを使ったパワートレーニングに終始。
アップはストレッチスイムからゆっくり始め身体が温まった頃合いからグラブの筋トレスイム。
結果として今までの経験値でアイアンマンで1時間半そこそこならこのトレーニングで目処がつきそう。 ここから10〜25分カットするには最低、週2回みっちりとした練習が必要だがバイクのタイム短縮でその分は十分短縮できると考えるので来期も、スイムはこの方針で進める予定。

11月のアイアンマンでは13時間41分という全く精彩を欠く内容であったがスイムは順当、バイクでは5時間をわずかに切るが途中30分近くエイドで休み、頭痛薬により30キロほどウツラウツラ眠気と戦いながら走っていた事を考えればまだまだ伸び代がある…と思う…。

来期はレガシーエントリー締切もあるので12月の西オーストラリア、IM Busseltonに照準を合わせると思う。
練習は細切れ時間の活用がベースなので基本、現在の花桟敷周回バイク練習を中心として、ランは引き続きタバタとどちらも短時間・高強度練習を継続。
目標は自己ワーストを記録した’14年の西オーストラリアのリベンジで目標は11時間30分。 
来年は50歳だしリカバリーもしっかり考えないとね…。
f0365484_1228058.png


  For your Road Bike Rental in Awaji Island, pls contact with following our web.

circolo official website

[PR]
by circolo-awaji | 2016-12-30 12:28 | 自転車 Bicycle | Comments(0)


平蔵店長の営業日報


by やまだへいぞう

プロフィールを見る
画像一覧